オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アメリカドル

title 注目

今、小規模な株投資なら非課税となるNISAが注目を集めています。NISAの口座開設は証券会社に口座開設の申請書と住民票を提出するだけでとても簡単ですから、ぜひとも開設しましょう。例えば、頻繁に売買するのではなく、高い配当や優待商品をもらえる会社の場合、課税されないようにNISAを開催して、そこで取引をしていくことが考えられます。

そして株式講座を開設するのであれば、併せて外国為替証拠金取引、つまりFXの講座も開設することをお勧めします。外国為替取引はほぼ24時間行われており、サラリーマンであっても、リアルな取引場面を見て的確なタイミングで投資することが可能です。また、証券口座を証拠金に含めることも可能な証券会社もありますから、より大きな取引を仕掛けることも可能です。

そもそも日本の証券市場は、円・ドルの相場の状況に大きく影響をうけますので、外国為替に投資して、その予想をすることは、必ず証券取引にも役立ちます。

また、そのような取引が可能な証券会社であれば、証券市場に関する情報も外国為替に関する情報も同時に入手することが可能ですから、より深い取引を展開することができます。

外国為替取引の場合も、通貨間の金利差を活用して、日々、スワップを手に入れて、確実に儲けることも可能です。高利回り通貨であるオーストラリアドルなどは1日70円ほどのスワップを手にすることができます。ことらも個別企業からの配当金と同じような楽しみがあります。

取引中

title 初心者でも簡単に投資ができる

株とは企業が資金調達のために発行するものです。上場企業の場合は市場にて売買されています。最近ではNISAと呼ばれる少額投資非課税制度も出来たので新たに株投資を始める人も出てきています。

NISAとは年間100万円までの投資についての売買で得た利益や配当金などについて税金がかからない制度の事です。元々は税率が優遇税率の10%から通常の20%に戻る事から市場から資金が逃げ出さないようにするために作られた制度です。

株は、企業が事業資金調達の為に発行するもので、個人を含む投資家は、上場企業の株を取得する事ができます。

この取引には、証券会社による口座開設が必要であり、扱う金融商品は、現物・投資信託・FX等が用意されています。

また、2014年よりNISA(少額投資非課税制度)が導入され、年間100万円までの取引売却益や配当金の受け取り等が非課税となる税制優遇制度が開始され、今後、個人に有利な取引環境が増えたと言えます。

株の活用法としては、余剰資金があれば、それを運用して資産を増やすことができることです。

その企業の業績や今後の計画等を考慮して売買とおこないますが、そのような情報は誰でも入手できるので、それ以外に独特な判断の目安や手段を持つ必要があります。

それはFXも同じで多くの場合にはチャート図で売買のタイミングをはかる方法があります。

それらのようなリスクを持った資金運用とは違って、NISAの場合には少ない利率でありながら安定した利益をもたらす方法もあります。